HOME > VAPE > VAPEとの出会い(タバコからiQOSへ移行編)

VAPEとの出会い(タバコからiQOSへ移行編)

リアタバからiQOSへ

2015年末。
知人からの超絶プッシュ&中古で一式を譲って頂きiQOSと出会いました。
途中数年間禁煙していた時期もありますが、喫煙歴は10年弱。
ちなみに吸っていた銘柄は
JPSかマルボロ(赤)→ハイライト ラムメンソール→クール ブースト→メビウス オプション5mg。
ガムも歯磨き粉もドロップのハッカ味もダメなくらいスースーが苦手なハズなのに、
ラムメンソールを吸って以来何故かタバコはメンソール、しかもプチッとする強めのものしか吸えませんw
なんでや。

で、iQOS。
正直、知人が目の前で吸い始めたときは「臭いしダサイし何コレ…」というのが素直な感想でした(ノω-;)
ポップコーンとか麦茶とか、そういう系が焦げたような独特のニオイ。ニオイが濃い。
吸殻もむせるほどクサイ。バッテリー重い。デカイ。太い。充電めんどい。

ただその方があまりにも(フィリップモリスの回し者か!?と感じるほど)熱意を持ってプレゼンしてくるのと(笑)、
折角頂いたんだし1箱は吸ってみようかな…ということで帰り道のコンビニでメンソール(濃いほうのグリーン)を1箱購入。
その日はそのまま吸い続けました。

iQOSのメリット・デメリット

吸い続けること数日。
強烈なメンソールのお陰もあってかニオイや味にも慣れ、

  • 副流煙で人に迷惑をかけない
  • 火を使わないので手を離しても危なくない
  • ライターを持ち歩く必要がない
  • 灰皿掃除がラク
  • 灰皿周りに散らばる灰に悩まされない
  • 部屋にニオイがつかない
  • 部屋が汚れない
  • ヒートスティック(タバコ部分)はコンビニで手軽に購入できる

等々メリットを感じすっかりiQOSしか吸わなくなりました。
※メンソール以外も一応試しましたが、どうしてもニオイに慣れず私はダメでした。

デメリットとしては

  • 初期費用がそこそこかかる(知人にもらわなければたぶん買ってない)
  • ニオイと味が独特
  • くわえタバコが出来ない
  • お手入れが必要
  • チャージャー(バッテリー)の充電が必要
  • ホルダー(本体)の充電も都度必要なためチェーンスモークができない
  • 吸える時間が短い
  • フタの留め具がすぐ壊れる(ただし無償交換してくれる)
  • 持ち歩くには重い・かさばる
  • あまりスタイリッシュとはいえない

これくらい。…って、結構ありますね。
正直色々と手間がかかって面倒です。

タバコの煙(ニオイ)がダメに

iQOSにもすっかり慣れた頃、飲みの席で友人にアイコス試させてーと言われタバコ1本と交換しました。
普通に吸おうとするも、「う…っ!クサッッ!ゴホゴホォ!」
紙や煙草の葉っぱが燃えた煙に耐えられず。
吸いこみ方もタバコとiQOSだとカナリ違うので、たぶん吸い込みすぎたのだけど…もはやどう吸っていたのかもよく覚えていない。
慣れってコワイ。

日が経つにつれ他人のタバコの煙も不快に感じるレベルになり(元々苦手ではあった)、
よくあんなの吸ってたな私…タバコって臭いし迷惑なんだな…と思うようになってしまいました。

つい最近まで自分も吸ってたクセに、しかもiQOS臭いとか言ってたクセに、ホント自分勝手!

「VAPEとの出会い(iQOSの不満続出とPloomTECHへ移行編)」に続く。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
↑ポチットナ!

You may also like...

1 Response

  1. January 21, 2017

    […] 前回「VAPEとの出会い(タバコからiQOSへ移行編)」の続き。 […]

Leave a Reply

Your email address will not be published.